婦人科について(ヘルスケア)

  • HOME>
  • 婦人科について(ヘルスケア)

女性のヘルスケア

ライフステージごとの症状・お悩みをトータルケア

ライフステージごとの症状・お悩みをトータルケア

京都市東山区の産科・婦人科江川クリニックでは、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍といった婦人科疾患や、月経の異常、更年期障害など、ライフステージごとの症状やお悩みをトータルケアします。十分なカウンセリングのもと、各症状・お悩みに応じたオーダーメイドな治療をご提案します。女性ホルモン剤(低用量ピルや宮内黄体ホルモン含有システムなども含む)や漢方薬も積極的に使用します。

女性のヘルスケアに重点をおき、思春期、性成熟期(妊娠可能な時期)、更年期、閉経後など、生涯を通じて女性の健康維持に貢献します。若い女性の方に多い、ダイエットの影響やアスリートの月経にともなう障害のご相談や、閉経後の骨粗しょう症や脂質異常症(高脂血症)の治療も行っています。

症状の奥に大きな病気が隠れていることも

症状の奥に大きな病気が隠れていることも

月経困難(生理痛)、月経過多、不正出血、性交痛、おりものの異常、頻尿など、気になる症状がある時にはそのままにせずに、お早めに当クリニックまでご相談ください。これらの症状の奥に、子宮筋腫などの大きな病気が隠れている場合があります。

「日本産科婦人科学会 専門医・指導医」「日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体胎児)」「日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医」などの資格を持ち、女性のヘルスケアに精通した専門家が的確に診断します。

一生を通じて女性らしく健康に

女性ホルモンの減少などにより腟粘膜が委縮することも

更年期から閉経期にかけての女性ホルモンの減少、卵巣摘出手術、乳がんの薬物治療、さらには加齢や出産などが原因で、本来、女性ホルモンによって瑞々しく保たれるはずの腟粘膜・外陰部で萎縮が起こる場合があります。この萎縮の程度が強くなって炎症を起こした状態を「萎縮性腟炎」と言い、様々な不快な症状が現れてQOL(生活の質)の低下を招きます。

萎縮性腟炎の主な症状
  • 腟がかゆい
  • 腟が乾燥している
  • 腟が臭う
  • 性交時に違和感を覚える
  • 性交時に痛みを感じる
  • 分泌物が減少した
  • 外陰部が萎縮した
  • 尿漏れなどの排尿障害がある

など

腟のアンチエイジング「モナリザタッチ®」をおすすめしています

萎縮性腟炎では女性ホルモン剤による治療が一般的ですが、様々な要因により女性ホルモン剤が使用できない方、また女性ホルモン剤の使用に不安をお感じの方などには、「腟萎縮レーザー再生術モナリザタッチ®」をおすすめしています。これは「腟のアンチエイジング」として近年注目されているメソッドで、専用の照射装置(ハンドピース)を使ってフラクショナルCO2レーザーを腟粘膜へ等間隔に照射することで、女性ホルモン剤を使用することなく、安全に腟粘膜萎縮の回復を促進することができます。さらに、外陰部の粘膜から皮膚にかけてレーザーを照射することで、外陰部の萎縮や違和感も改善できるとされています。

腟のかゆみ、乾燥、違和感、性交痛などの不快な症状をお感じで、何とかしたいとお悩みの方はお気軽に当クリニックまでご相談ください。

(※モナリザタッチ®について詳しくはこちら

アンチエイジングのプラセンタ注射も行っています

自由診療(健康保険対象外)ですが、更年期障害に対する治療や、アンチエイジングのプラセンタ注射も行っています。更年期障害の治療では、診断の結果によっては保険適用となる場合もあります。さらに、疲労回復におすすめのビタミン注射(ビタミンカクテル)もあり、にんにく成分やデトックス効果を含む当クリニックオリジナル処方となります。