婦人科について(更年期障害)

  • HOME>
  • 婦人科について(更年期障害)

更年期障害でお困りの方へ

女性ホルモンの減少により様々な症状が現れます

個人差はありますが、女性は一般的に30代後半ごろから「エストロゲン」という女性ホルモンの一種が減少し、50歳前後で閉経を迎えます。その前後の時期(45~55歳ごろ)を「更年期」と言い、女性ホルモンの減少が原因で様々な症状が現れることがあります。こうした症状によって日常生活に支障を来すような場合、「更年期障害」と診断されます。

更年期障害の主な症状

  • 月経異常
  • 頻尿
  • 腟の萎縮
  • ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)
  • 発汗
  • 冷え
  • 動悸・息切れ
  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 不安
  • 不眠
  • イライラする
  • 気分の浮き沈み

など

このように、更年期障害では様々な症状が現れるため、症状の奥に別の大きな病気が隠れていても、更年期障害と診断されて見逃すケースがあります。反対に自覚症状の現れ方には個人差があるため、つらい症状でお悩みでも更年期障害と受け止められないケースもあります。京都市東山区の産婦人科・江川クリニックでは、他院で病気として受けとめられなかった場合でもきちんと向き合って、患者さんと一緒に何かできることはないか探っていきます。

更年期障害の治療

きちんとお悩みを受けとめて「オーダーメイドの治療」を行います

きちんとお悩みを受けとめて「オーダーメイドの治療」を行います

更年期障害の治療では、女性ホルモンの分泌量を調べる検査を行い診断したうえで、「エストロゲン」や「プロゲステロン」を投与するホルモン補充療法が中心となりますが、漢方薬も積極的に使用しています。

更年期障害の中には、数年のうちに症状が治まるケースがほとんどです。だからといって、その数年間をつらいまま過ごすのはQOL(生活の質)の低下に繋がると考えています。なので、その数年間を快適にお過ごしいただくために何ができるのかを考え、40種類以上の漢方薬を組み合わせるなど、お一人おひとりに「オーダーメイドの治療」を行います。

そのためには、患者さんとよく話し合い、何が一番問題になっているのかを診断しなければいけません。患者さんご自身も「つらい」とお感じでも、では何がつらいのかはっきりわかっていないことがあります。なので「これが原因かもしれない」「これが原因と考えられる場合、この方法が最適かもしれない」というように、時間をかけて一歩一歩、治療方針を固めていって症状の改善をはかります。

「プラセンタ注射+ビタミン注射」も効果的です

更年期障害の治療として、プラセンタ注射も行っています。通常は自由診療(健康保険対象外)となりますが、更年期障害と診断された場合には保険適用で受けられます。また当クリニックオリジナルのビタミン注射(ビタミンカクテル)との併用もおすすめで、豊富な治療メニューを組み合わせることでより最適な治療をご提供します。

プラセンタ注射・ビタミン注射の費用
プラセンタ注射
  • 1アンプル/回:1,500円
  • 2アンプル/回:2,500円
ビタミン注射(ビタミンカクテル)
  • 2,000円/回
  • プラセンタ注射とセット:1,500円/回

※自由診療(健康保険対象外)
※更年期障害と診断された場合、プラセンタ注射は保険適用となります
※価格は税抜表示

「モナリザタッチ®」で腟萎縮を改善します

更年期障害の症状の1つに、腟粘膜の萎縮があります。萎縮により腟内の潤いがなくなって乾燥してしまうと、腟内が傷つきやすくなるほか、性交時に痛みを感じるようになり、パートナーとの性生活が楽しめなくなることがあります。こうした腟萎縮には、フラクショナルCO2レーザーによる「腟萎縮レーザー再生術モナリザタッチ®」がおすすめです。レーザー照射により腟粘膜の若返りをして不快な症状を改善します。

(※モナリザタッチ®について詳しくはこちら