プレエイジングケア(介護脱毛)

  • HOME>
  • プレエイジングケア(介護脱毛)

プレエイジングケアとは?

一生、快適に過ごすためのケア

一生、快適に過ごすためのケア

プレエイジングケアとは、年齢を重ねるごとに現れるデリケートゾーンを中心とした不快なトラブルを予防するためのケアで、「最良の状態で年齢を重ねていく準備をすること」を目標としています。「介護脱毛」と呼ばれる場合もありますが、これでは「介護が必要になった時に備えて、アンダーヘアを整えるケア」という狭いイメージで受けとめられがちなため、当クリニックではプレエイジングケアという独自の名称を付けて、介護に限らず、年齢が上がる前にデリケートゾーンの見た目やにおいといったトラブルをケアし、一生、快適に過ごすためのケアと位置づけています。

デリケートゾーンの主なトラブル

Vライン(正面の陰毛)

毛の量が多いため、下着の中で蒸れやすくにおいの原因となる場合があります。永久脱毛することでにおいの発生が抑えられるようになります。

Iライン(性器まわり)

Iラインの陰毛は排尿時に尿が付きやすいため、様々なトラブルの原因となりやすいです。永久脱毛することで、そうしたトラブルが防げるようになります。

Oライン(肛門まわり)

Oラインの陰毛は排泄物が付きやすいため、要介護状態となった時に、においや見た目で介護する人に迷惑をかけたり、不快な思いをさせたりする恐れがあります。

こんな方におすすめです

  • デリケートゾーンを清潔に保ちたい方
  • デリケートゾーンの見た目をきれいに保ちたい方
  • デリケートゾーンのにおいが気になる方
  • 要介護状態になった時、介護する人に迷惑をかけたり、不快な思いをさせたくない方

など

このような方は京都市東山区の産科・婦人科江川クリニックまでお気軽にご相談ください。

医療レーザー脱毛器による永久脱毛

痛みの少ない「アレキサンドライトレーザー」を採用

プレエイジングケアの永久脱毛は、医療レーザー脱毛器で行います。当クリニックでは痛みの少ない「アレキサンドライトレーザー脱毛治療器」を採用しています。VIOラインをだつもうするとなると、痛みが心配な方も多いと思いますが、そうした方でも安心です。脱毛部位や肌質・毛質など、患者さんに合わせて照射条件を設定して、効果的で安全なレーザー脱毛を行います。

なお、高性能な医療レーザー脱毛治療器ですので、VIO脱毛だけでなく、美容目的の脱毛や全身脱毛にも対応できます(ただし、当クリニックは美容皮膚科ではありませんので、顔の脱毛は行いません)。

プレエイジングケアを始めるタイミング

30~40代のうちに受けられることをおすすめします

当クリニックが提唱するプレエイジングケアは、「エイジング前にVIOラインを永久脱毛して、人生100年時代に向けて準備しましょう」というものです。医療レーザー脱毛器を使って永久脱毛するため、毛の色が黒いうちに受ける必要があります。加齢により白髪になった状態では効果が期待できません。そのため、30~40代のうちに受けられることをおすすめします。

3~5回の施術・半年程度の期間で終了します

医療レーザー脱毛のレーザーは毛周期(ヘアサイクル)のうち、毛根に最もメラニン色素が多くなる「成長期」の毛根に対して施術することになります。そのため、毛周期に合わせて3~5回程度の施術を行うことになりますので、脱毛が終了するまでの期間の目安は半年程度です。

プレエイジングケアの費用

プレエイジングケアの費用につきましては、クリニックへ直接お問い合わせください(健康保険対象外となります)。